開業までに行政書士事務所での実務経験は必要?

●大切なのは、仕事ができるかよりも、仕事を○○できるか!


開業する行政書士は、開業までに実務経験を積んでいるのか、それともいきなり独立しているのか、気になりますよね。

最近開業する人の多くは、いきなり独立しているようです。
なぜなら、行政書士の求人というのは、とても数が少ないからです。
では、開業してから行政書士として食べていけるかどうか、実務経験のあるなしは関係あるでしょうか

はっきり言って、それは関係ありません。

行政書士の開業に関する書籍は多数ありますが、その中でも人気なのが、「超・営業法」 (著者 金森 重樹 氏) です。
この本にも書かれていることなのですが、開業して食べていけるかどうかで重要なのは、仕事ができるかよりも、仕事を獲得できるかなのです。

行政書士事務所などで実務経験を積めば、仕事はできるようになります。
しかし、仕事の取り方まで、事務所が教えてくれると思うのは甘い考えでしょう。
使用人としての行政書士に求められるのは、事務所が取ってきた仕事を次々にこなすことです。
だから、実際にはどうやって仕事を取ってくるのか、どんな仕組みで仕事が入ってくるのかは、使用者として働いているだけではわかりません。

むしろ、行政書士の実務経験は全くなくても、営業経験がある人の方が仕事を取ってくることには長けているのではないでしょうか。
営業職でなくても、行政書士になるまでの職業経験の中で、「この分野ならだれにも負けない自信がある」というものがある人なども、自分自身で顧客の開拓ができると思います。

ec3709e47d3970ec4d38587125b39cac_s

「実務経験なしに独立しても大丈夫だろうか」と考える人は、先ほども言ったように「仕事を取ってくる」という観点が全く抜けています。
会社員が長い人ほどこういった考え方をしがちなので、独立したら仕事を取ってくることこそ仕事、と心得ましょう。

では、実際に仕事を取ってきたけれども経験がないのでできるかどうか不安、というときはどうした良いでしょうか。
それについては、次の<業務の知識はどうやって磨けば良い?>を参考にしてみてください。

次のページ