まずは行政書士会へ

行政書士試験に合格したら行政書士会に入ろう

まず最初にやるべきことは、 それは求人情報を探すことではありません。行政書士会に入会することです! 行政書士会は都道府県に1つずつ存在し、その下には各市町村別の支部があります。

そこに入会すればもうその日から立派な行政書士なのです。

新米行政書士には入会すると研修があり、基本的な仕事のやり方を教えてもらえるのです。

さらに大切なのは、行政書士会には大勢の先輩行政書士がいるということです。つまり人脈づくりの宝庫とも言えます。

先輩から体験談やノウハウも教えてもらえるし、 先輩の先生から気に入ってもらえてタイミングが合えば 、仕事先を紹介してもらえるかもしれません。多くの行政書士は自分の得意な専門分野をもっているものです。

その分野に該当しない仕事や自分とは競合しない分野の得意先なら、仕事をまわしてくれることだってあります。さらに言うと、もう高齢になった行政書士でそろそろ引退を考えている人なら、自分にその仕事を引き継いでくれる可能性だってあります。

だから、独立開業するならまずは行政書士会に入るのは必須!

費用はどのくらいかかる?

ただ、初年度は
・登録免許税  30,000円
・登録手数料  25,000円
・入 会 金   200,000円
・年会費    72,000円(月6,000円)
・政治連盟    12,000円(月1,000円)

つまり約34万円程度もかかってしまうのです。翌年以降も年間80,000円程度の会費が必要になります。だがこの費用の中に行政書士のバッジ代も含まれていて、しかも払わないと資格が剥奪されてしまうのです…。

先々のメリットを考えればやむをえないのかもしれませんね。