行政書士試験対策はこれで万全!絶対に間違えないテキスト選びのコツ

書店の参考書コーナーを見ると、行政書士試験対策の参考書が多く並んでいます。独学で行政書士を目指す方には参考書選びは非常に重要です。しかし、予備校に通学する方、通信講座で学ぶ方も参考書があると自習が非常にスムーズに進みます。

そこで行政書士試験対策で人気のテキスト教材を紹介。さらに実際に勉強する際には欠かせない、オンライン教材についてもご紹介しましょう。

独学以外でも教材選びは重要

行政書士試験のテキストというと、独学で行政書士を目指す方が探すもの、選ぶものというイメージがあるかもしれません。もちろん独学で行政書士試験を目指すのであれば、テキストの存在は非常に重要になります。

予備校に通学する方、通信講座を受講する方には、その予備校や通信講座が編纂している専用のテキストがありますので、基本的にはそのテキストを使用して勉強をします。しかし、そのテキストが完ぺきにすべての事柄をカバーしているということは稀であり、独学以外の方にとっても、テキストを購入するのは非常に重要なポイントとなります。

行政書士試験対策のテキストにはいろいろな種類がありますが、絶対条件となるのが最新版のテキストを用意するということです。行政書士試験では、多くの法令科目が出題されます。法律というものは常に検証が繰り返され、改正を繰り返して現在の形になっています。

つまり古い情報の教材を見てしまうと、現在と違う法律が掲載されている可能性があるわけです。

テキストを購入する際は、必ず最新版であることを確認しましょう。

腕試しのために問題集を用意するという方もいらっしゃるかと思いますので、問題集を選ぶ際のポイントも紹介しておきます。これは行政書士試験に限らずすべての試験対策で有効な方法ですが、とにかく解答が丁寧な問題集を選びましょう。問題部分よりも解答部分のほうがボリュームの大きい問題集は、しっかりと問題を解説しているため、もしわからない問題にぶつかった場合でも、理解がしやすくおすすめとなります。

おすすめのテキスト教材

では実際に書店でも取り扱われているテキスト教材の中から、特に使いやすい、評判のいいものをいくつかご紹介したいと思います。自身の勉強スタイル、知識レベルなどに応じて使いやすそうなものを選びましょう。

うかる!行政書士 総合テキスト(日本経済新聞出版刊/伊藤塾)

行政書士試験や司法試験など、法律関係の資格試験対策を開講する予備校、伊藤塾が監修しているテキストです。「うかる!」シリーズは多数発行されており、その中でも行政書士試験対策の基本となるテキストになります。

テキストはフルカラーで見やすく、行政書士試験初心者の方から、受験経験者の方まで幅広くフォローしてくれる1冊です。さらに行政書士試験対策に特化した「ハンディ行政書士六法」がついており、外出先でも簡単に勉強できるようになっています。

うかる!行政書士 入門ゼミ(日本経済新聞出版刊/伊藤塾)

同じく伊藤塾の「うかる!」シリーズから、入門編のテキストもご紹介しておきましょう。入門ゼミというだけあって、細かい法律問題よりも前に、まず法律とは?という部分から詳しく解説している1冊です。

特に法律的な知識のない初学者の方などは、まずこちらのテキストがあると、行政書士試験の対策もはかどるかと思います。行政書士試験対策の勉強をする中で、なぜそういう系統になるのか理解が難しいポイントが出てくるかと思います。そんな時にこの入門ゼミがあれば、「法律とはこういった目的で、こういった順序で適用されるもの」という理屈が理解しやすくなり、不明点の解決の力になってくれるでしょう。

合格革命 行政書士シリーズ(TAC出版刊)

こちらも資格試験の予備校TACが発行しているテキストになります。

合格革命シリーズは多岐にわたり、入門編なら「スタートダッシュ」、通常の勉強を進める場合は「基本テキスト」、ほかにも記述式対策のテキストなどもあるため、自身に必要な部分のみ厳選して購入することも可能です。

合格革命シリーズの特徴としては、通常の冊子と同時にPDF版のダウンロードも可能となっているところ。普段勉強に使っているPCやタブレット、スマホなどにダウンロードしておけば、いつでもどこでもテキストを開けるようになっています。

オンライン教材にも注目

TAC出版の合格革命シリーズのように、オンラインでの勉強に対応しているオンライン教材は、これから資格試験に挑戦する方にとっては必須のアイテムといえるでしょう。印刷物のテキストはどうしてもそのサイズや重さなどがネックとなり、持ち歩くことが難しい部分があります。

いつも持ち歩くスマホやタブレットの中にテキストをダウンロードできる、もしくはオンライン上で閲覧できるようにしておけば、場所を問わず勉強をすることができます。そんなオンライン教材にも注目しましょう。

オンラインで効率的に学ぼう

実際にオンライン教材があった場合、どのように利用するのがいいでしょう。行政書士を目指す方の中で、特に仕事をしている社会人の方にとっては、勉強時間の確保が大きな課題になります。

こういった方にとっては、仕事のちょっとした合間や、毎日の通勤時間などもできれば上手に活用し、効率的な勉強をしたいところ。そんな時に役立つのがオンラインテキストです。

スキマ時間も有効活用

社会人の方で毎日片道20分電車に乗って通勤している方は、毎日40分を通勤の電車内で過ごしていることになります。日中は仕事をしている社会人にとって、40分という時間は決して少ない時間ではありません。また、昼食後のコーヒータイムが20分あれば、通勤時間と休憩時間で1日1時間のスキマ時間があることに。

こういったスキマ時間を有効に利用するには、荷物にならないオンライン教材が非常に重要となります。1年間で考えれば200時間を超えるスキマ時間を、すべて勉強時間にできれば、勉強効率は一気に上がるでしょう。

オンライン教材は幅広さが重要

オンライン教材を利用して、スキマ時間を有効に活用しようと考えた場合、重要になるのはそのオンライン教材の幅広さです。単に法律が書いてあるだけのテキストだけでは効果的に学ぶことはできませんし、演習問題だけでは理解を深めるのが難しくなります。

いつでもどこでも、さらにどんな勉強内容にでも対応できるようなオンライン教材に注目しましょう。

テキストだけではない教材の範囲

オンライン教材を利用して、通勤電車などで学習することを考えると、参考書代わりになるテキストに加え、演習問題や講義動画、講義の音声データ、不明点を解決できるだけの参考書などが必要でしょう。

さらにあればありがたい機能としては、学習スケジュールを調整してくれるツールや、学習状況を管理してくれたり質問が出来るシステム。オンライン教材を選ぶ際は、とにかく何でもできるものを選ぶようにしましょう。

スマホやタブレットでも使いやすいものを選ぶ

オンライン教材を選ぶ際に考えておきたいのは、どのようなデバイスを使用して勉強するかという点です。多くの方はスマホ、持っている方はタブレットということになるかと思いますが、特にスマホなどは画面の小ささが問題となります。

通勤電車の中で、スマホの小さな画面でも問題なく読み取れるようなオンライン教材であることが重要です。また、操作性にも注目し、面倒な操作が必要ないテキストを選びましょう。

おすすめのオンライン教材

では、オンライン教材の使いやすさという点に注目し、おすすめのオンライン教材をご紹介しましょう。

ご紹介したいのが通信講座フォーサイトのeラーニングシステムManaBunです。通信講座フォーサイトは、多くの資格試験対策講座を開講しており、行政書士試験対策講座も開講しています。

フォーサイトがほかの通信講座と決定的に違うのは、このManaBunの存在です。フォーサイトは特にeラーニングに力を入れており多彩なeラーニングを実現しているのがManaBunになります。

フォーサイトのeラーニング「ManaBun」

ManBunはeラーニングに特化したシステムであり、多くの方のスキマ時間学習をサポートするために誕生したシステムです。特にスマホでの学習を意識したものとなっており、そこで提供されるテキストや講義動画も、スマホ視聴用に工夫がされています。

講義動画はすべて専用スタジオで撮影され、スキマ時間を意識し、最長15分にまとめられています。専用スタジオで撮影されているだけに小さな画面でも見やすく、文字も認識しやすいデザインになっています。

ManaBunの演習問題はスマホを片手で操作していても利用できる仕様ですので、少々混み合った電車内でも十分に利用可能です。

テキストや講義動画はすべて事前ダウンロードが可能。電波状況が悪いとこでも活用できますし、スキマ時間の勉強でデータ通信量を気にする必要もありません。

さらに学習管理機能や、質問ができるシステムもあり、行政書士合格のための学習をしっかりサポートしてくれます。

⇒ManaBunについて詳しく知りたい方はこちら
manabun

まとめ

行政書士試験に挑戦するには、テキストや問題集は必須のアイテムとなります。ご自身の法律知識などに合わせて必要なテキストを用意するようにしましょう。問題集は解説部分の充実度に注目するとはずれがありません。

ちょっとしたスキマ時間を活用したいという方にはオンライン教材が必須となります、オンライン教材は問題集や参考書、講義動画に音声データなど、いろいろな教材がまとまっているものがおすすめです。

特におすすめしたいのがフォーサイトのManaBunです。スマホの小さな画面にも対応しつつ、行政書士試験対策のさまざまなケースに対応した、非常に使いやすい教材となっています。